無垢材の知識① ウォルナット【Walnut】

昔から家具によく使われていて、今でも人気があるのがウォルナット材です。アメリカンブラックウォルナットは、世界の銘木に数えられるほど木目が美しいです。そのため、高価な材料で高級家具に使用されます。

ウォルナット(ブラックウォルナットを含む)は、木の地色がブラウン~ブラックのため、家具に使われる際はほとんど着色されません。そのため、自然な木目の仕上がりになり、濃いブラウン系の家具を求める人に人気があります。何と言ってもウォルナットの木目には深みがあります。

高価でも人気があるのは、実際にウォルナット材の家具を見て頂ければすぐにわかると思います。

最近では、安価な商品を開発するために、テーブルなどではウォルナットの突板を貼って仕上げているものもあります。無垢材と印象は変わらないのですが、長く使用するつもりであれば無垢材を選ばれた方が良いです。メンテナンス性が良いのと、やはり無垢材の木目には深みがあります。

しかし実際には、「突板でも良いから同じ見た目で安いものが欲しい」という消費者の需要に、マーケットが支配されているのが現状です。

ウォルナットの椅子

ウォルナットを使用して有名な椅子といえば、ジョージナカシマの椅子でしょう。こちらの椅子は、スポーク部分にオーク材を組み合わせています。他にもコノイドチェアが有名です。ジョージナカシマはもう亡くなりましたが、香川県にある桜製作所がジョージナカシマの椅子を生産し続けています。


国内最大級の家具・インテリア情報サイト TABROOM(タブルーム)の公式オンラインストア

関連記事

  1. いい椅子に出会いたい

  2. 動画で解説 ハンス・ウェグナーの『ザ・チェア』ができるまで 

  3. リビダイ

    最近流行りのリビダイって何?

  4. 材料の知識③ 家具の仕上材について

  5. 家具業界で収入を上げるために取得したい資格 七選

  6. ハンス・J・ウェグナーの生涯と椅子

  7. ネット社会に葬られる小さな家具店と運送会社に葬られるネットショップそして進む寡占化と二極化

  8. 令和時代の家具デザイナーに必要な資格

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
  2. ホワイトオーク
PAGE TOP