巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 フロアライト 14A

     

    AKARIシリーズは、世界的彫刻家で日系アメリカ人(アメリカ人と日本人のハーフ)である巨匠イサムノグチがデザインした和紙を使用した照明器具です。
    1950年代鵜飼の見学に訪れたイサム・ノグチは岐阜市より地場産業の活性化の一環として岐阜提灯のデザインを依頼されました。

    AKARIには記号や数字が用いられ生涯、改良、修正を重ね200種類を超える照明彫刻をデザインしました。AKARIは単なる照明器具ではなく”作品”であるとイサム・ノグチは生涯大切にデザインを行っていました。

    あかり 14A

    14Aは上下に曲げ輪が使用された初期のモデルで、AKARIの頭文字”A”が付けられています。

    14Aはノグチの彫刻作品「身ごもった鳥」との関係性が伺えるモデルです。

    「身ごもった鳥」は彫刻家ブランクーシの作品「空間の鳥」の影響を受けた作品と考えられています。


    関連記事

    1. 【国産】靴べらが収納できる玄関用スツール 日進木工 ステップステップ 川上元美デザイン

    2. 豊口克平がデザインした日本人のためのウィンザーチェア 天童木工 スポークチェア

    3. 家具を買う前に確認すべき4W1P

    4. 巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 角型テーブルランプ

    5. 飛騨高山生産 子供の姿勢がよくなる バランスチェア イージー

    6. 巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 フロアランプ 1AD

    7. 針葉樹の椅子の特徴 ヒノキ・スギ・パインの椅子

    8. 飛騨産業 baguette lbシリーズのダイニング 五十嵐久枝デザイン

    最近の記事

    PAGE TOP