無垢材の知識③ アッシュ【ASH】

アッシュはウォルナットやオークと比べて比較的安価な材料です。アッシュ材もアメリカで製材して輸入されます。



ただし、材が明るい色のため、製品化するときに材を定年に選別して集成(横接ぎ)しないときれいに仕上がりません。

アッシュはモクセイ科で、日本でよく使われるタモの仲間のため、タモ材の代用品としてよく使用されています。多少着色したほうが杢目がでて原木らしい雰囲気が出ます。加工性がよく安価なため、突板貼りの扉などの建具やフローリングなどにも使用されていて、日本では身近な材料です。

家具としては、やはりタモ材にとして扱われるためか、和風の家具に使われることが多いです。

国内最大級の家具・インテリア情報サイト TABROOM(タブルーム)の公式オンラインストア

関連記事

  1. 2000万円の椅子はつくれるか

  2. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  3. 「空気」になったニトリのビジネスモデルを分析 ニトリが家具業界で1強になった理由

  4. 「令和」の家具業界で重要な3つのキーワード

  5. 家具を買う前に検討するべき【TPP】

  6. 椅子の擬人化

  7. 無垢材の知識① ウォルナット【Walnut】

  8. 良い椅子に出会うには美しい椅子を知ろう

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
  2. ホワイトオーク
PAGE TOP