シェーカーチェアをモデルに生まれたシンプルなチェア J39 ボーエ・モーエンセン

アトラクト Fredericia J39チェア紹介ページです。
画像をクリックすると楽天市場の販売ページへ飛びます。
当サイトでは、楽天アフィリエイト機能を採用しており、フィッシングサイトや偽サイトにはリンクしておりません。

Fredericia(フレデリシア)|J39 Chair(J39 チェア)オーク(ソープ仕上げ)

Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)が、FDB(デンマーク生活協同組合連合会)の家具デザイナーとして活躍していた際に作られたシェーカースタイルのダイニングチェア。モーエンセンらしい「簡素で誠実なデザイン」が良く表現されている「J39」は、モーエンセンの師でもあるKaare Klint(コーア・クリント)とアメリカのシェーカー家具からの影響を受けており、シンプルで独創的なデザイン、程よいサイズ感、そして柔らかな座り心地は、どんなスタイルの部屋でも合わせやすいチェアとして、世界中で愛用されています。

背中にフィットする曲げ木による背もたれと、軽量な無垢材のフレーム

曲げ木による柔らかなフォルムの背板、そして無垢材による軽量なフレーム、熟練の職人による座面コードの手編み技術が組み合わさり、性別や世代を超えて永くお使いいただける機能性を提供してくれます。1脚の座面には、全長144mものコードが使用されていて、体重によって柔らかくしなる座面に腰を掛けると背筋が真っ直ぐとなり、背中にしっかりフィットするので、食事用のダイニングチェアやデスクワーク用のチェアとして最適なチェアです。

 

気高きデンマークデザインの系譜を、徹底して継承するフレデリシア・ファニチャー

1911年の創業以来、一族で伝統を守りながらも、新しい試みにも積極的に取り組んできました。最初は小さな椅子張り工房としてスタート。その後、1950年代のデンマークデザインの主翼を担う企業として台頭し、今では国際的なブランドとして世界中で知られるようになりました。才能あるデザイナーと協力しながら独自の製造プロセスを開発。最新の技術力を持つ関連企業と連携しつつ、他の追随を許さないほどの高いクオリティを実現できるようになりました。“ 現代の本物” をつくり出すべく、我々は今でも日々努力を重ね、デザインの系譜をつないでいます。市場へと送り出される家具の一つひとつには、品質にこだわりつづける我々の歴史や思いが込められているのです。

関連記事

  1. 子供とともに成長する椅子 ストッケのトリップトラップ

  2. 良い椅子に出会うには美しい椅子を知ろう

  3. 無垢材の知識④ ビーチ【BEECH】

  4. 勝ちたきゃ座れ 在宅ワークを充実させる 社長椅子

  5. 勝手に動く自走式AIチェアとは

  6. ホワイトオーク材をふんだんに使った ニトリのダイニングセット オークランド2

  7. 動画で解説 ハンス・ウェグナーの『ザ・チェア』ができるまで 

  8. お酒を飲みながら名作椅子を堪能できる gaga ISU BAR

最近の記事

PAGE TOP