イサムノグチのコーヒーテーブル ホンモノとニセモノ

有名デザイナーの家具というのは高すぎる、と感じる方も多いでしょう。
家具というのは、ローテク産業です。
もちろん、高い技術を必要とする家具もありますが、ハイテクノロジーというよりも職人の技術力があれば、だいたいの家具はコピーできてしまいます。
門外不出の技術があろうがなかろうが、ディテールが真似できなくても、90%程度はオリジナルを再現できてしまいます。

ですので、意匠権などを取得して真似されないように、メーカーは自社の製品を守ってきました。
とはいえ、いくらデザイナー家具でも、価格が高すぎるのは、逆効果に思えることがあります。

たとえば、20世紀に活躍した世界的な日系人彫刻家イサムノグチのコーヒーテーブル。
彫刻家らしい美しい曲線美の脚と変形ガラス天板のこのテーブル

VITRA社の正規品だと35万円ほどします。
いくら美しくても、このテーブルに35万円を払える層はわずか、限られた人たちだけです。

そこで登場するのが、リプロダクト品とよばれる、いわゆるコピー品。ニセモノです。

このコーヒーテーブルリプロダクト品は、2万円で購入できてしまいます。
なんと、ホンモノと比べて17倍以上の価格差があります。

もちろん、ニセモノを作ること、ニセモノを売ることは、恥ずべき行為です。
高すぎる家具もおかしいし、それをコピーして激安で買えてしまう家具業界もおかしいです。
しかし、美しい家具を多くの人が購入できる価格で提供することは、ある意味消費者にとってはいい機会となります。
コピー品市場としては定番のYチェアですが、コピー品で2~3万円、正規品で10万円程度です。
10万円の椅子であれば。少し背伸びすれば買えますが、イサムノグチのコーヒーテーブル35万円は高すぎるように感じます。

ホンモノの価値観
ニセモノの価値観

17倍以上あるのでしょうか。
せめて、正規品で20万円程度で購入できれば、正規品を多くの人が手に入れることができるようになります。

イサムノグチ コーヒーテーブル Vitra社正規品

イサムノグチ コーヒーテーブル リプロダクト品

関連記事

  1. ソファに合わせて使うと便利 ニトリのタブレット用サイドテーブル

  2. Jasper Morrisonデザインのスーパーノーマルな椅子 HAL

  3. 座面の色が選べる北欧風オーク材のアームチェア ダイニング5点セット

  4. 巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 ペンダントD

  5. 巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 フロアライト 14A

  6. イサムノグチ あかり 33N ペンダントランプシェード

  7. ニトリとビームスによる「新しい暮らし方のためのツール」 コンソールデスク

  8. 巨匠イサムノグチの照明器具 【あかり】 角型テーブルランプ

最近の記事

PAGE TOP