材料の知識① 無垢材について

木製家具の大部分に使われている材料が無垢材です。

あなたが知っている無垢材はなんですか?

日本家屋の場合、日本産の杉や檜で建てられますが、家具で国産材を使用することはあまりありません。

家具屋さんに行くと置いてある家具の材種は、アメリカ材やヨーロッパ材、そして南洋材がほとんどです。

杉や檜を使った国産材家具はほとんど市場にないですが、最近は飛騨産業など国産メーカーが売り出しています。

それでも、日本の市場にある家具のほとんどは輸入材によって作られたものです。

あなたは、どのような無垢材があるかご存知でしょうか。

今回は、家具によく使われている無垢材の樹種を紹介します。

 

ウォルナット

メープル(カエデ)

オーク(ナラ)

アッシュ(タモ)

ビーチ(ブナ)

アルダー

パイン(松)

ラバー(ゴム)

 

かつてはマホガニーやチークなど他の樹種もありましたが、いまではあまり市場にないようです。

 

樹種(木材の種類)ごとで色や木目が違いますが、樹種ごとの説明は追い追い記事にしたいと思います。

 

最近の人気の材はウォルナットでしょうか。

ウォルナットは木の色が赤茶っぽく、塗料で色付けしなくても濃い色で仕上がり、また木目も綺麗です。

 

無垢の木材は基本的には塗装仕上げです。

無垢材は、木に含まれる水の割合(含水率)によって伸縮します。

木に調湿作用があるからです。

しかし、この伸縮性が原因で時には割れることもあります。

これは無垢材ならではの特徴でもあります。

僕は、無垢材のいいところは、割れたりしても修理できることだと思うのです。

 

 

無垢材の用途

テーブル・椅子・ベッド・タンスや食器棚の前板・扉・天板・脚など。
また、ソファの下地組にも使用されています。

国内最大級の家具・インテリア情報サイト TABROOM(タブルーム)の公式オンラインストア

関連記事

  1. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  2. 寝付きの悪い方はシーツを替えてみたらどうでしょう

  3. 無垢材の知識③ アッシュ【ASH】

  4. 家具業界からコピー商品がなくならない理由

  5. 上海家具展示会にみる 海外と日本の家具の違い

  6. 無垢テーブルの天板が突然音をたてて割れる理由

  7. 材料の知識③ 家具の仕上材について

  8. 日本に三大家具メーカーはあるのか?

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
  2. ホワイトオーク
PAGE TOP