椅子の擬人化

僕は大学では建築を専攻していましたが、いまでは家具を作っています。
専門の家具は椅子やソファなど、人が座る座具です。

椅子といえば、小学生のときのちょっとしたエピソードを思い出します。

国語の授業で「詩」の課題がでました。
椅子をテーマにした詩の傑作?をつくり、クラスをどよめかせたことがあります。
原本はないけど、思い出して書いてみました。

詩 「椅子」

「椅子」

 

椅子は立っているか

 

座っているか

 

わからない

 

動物が立っているようにも見えるし

人が座っているようにも見える

 

どっちだろう

 

そんな椅子に人は座る

椅子を擬人化

この時は、
「もしかして詩の才能があるかも?」
なんて思ったりしましたが、その後はパッとした詩が作れずに一発屋で終わりました。(笑
でも、こうやって思い出すということは、椅子とは縁があったのかもしれません。

ところで、椅子は実際に擬人化や動物に見立ててつくられています。
有名なのが「猫脚」ですね。

猫脚の椅子は、けっこう身近にあるデザインです。
モダンな家具でも、猫脚を取り入れるとクラシカルなデザインになります。

猫脚の起源はツタンカーメンの時代まで遡ることができます。

これはツタンカーメンが使用していた椅子を復元したものです。
猫脚というよりもライオン脚ですね。

昔から、椅子を擬獣化した椅子はあったんです。

現代の擬人化した椅子

最後に擬人化/擬獣化してつくられた現代の椅子を紹介します。
結論からいうと、擬人化しすぎるとこわい椅子になります。

3億円で落札されたマネキンチェア

擬人化というか、人。
デザイナーは、アレン・ジョーンズ(Allen Jones)。


出典www.flickriver.com

ピンタレストで見つけた椅子

ところで、ピンタレストは世界中のアイディアに簡単にアクセスできるのでオススメです。
まだ使ってない方は試してみてください。

 家具業界のWorkstyle 
クリエーター向けピンタレストの使い方 | 家具業界のWorkstyle
http://kagustar.info/pinterest/
ピンタレストの利用価値は、アイディアストックと言えるでしょう。 ピンタレストには世界中のアイディアが集まっているので、自分の好みのボードをつくってカテゴリーごとに管理することができます。

関連記事

  1. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  2. アルネ・ヤコブセンの生涯と椅子

  3. 2000万円の椅子はつくれるか

  4. ハンス・J・ウェグナーの生涯と椅子

  5. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  6. 無垢材の知識⑤ アルダー【Alder】

  7. 井上昇氏の「椅子塾」について

  8. 飛騨の家具フェスティバルにて

    日本の五大家具産地

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
  2. ホワイトオーク
PAGE TOP