フランク・ロイド・ライト デザイン 帝国ホテルの椅子

フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル

げんざい、帝国ホテルの玄関と1〜2階ラウンジ部分は、明治村5丁目に移築されて保存されています。
明治〜昭和の名建築を保存している建築村「明治村」の入村には料金がかかります。(2021年1月現在大人2000円)

2代目帝国ホテル

フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル正面(明治村に筆者が撮影)


▶明治村ウェブサイト

帝国ホテルの椅子

帝国ホテル内には、フランク・ロイド・ライトがデザインした椅子が展示されています。
ここでは、その椅子を紹介していきます。

六角形の背をもった椅子


フロント横に展示されている椅子

222階のダイニングチェア
デザインは1階の椅子と同じですが、背がメッシュ貼りになっています。

アームチェア


中二階のラウンジチェア
背板とスポークを組みあせたアームチェア。ウィンザーチェアの亜生デザインにも見えます。

長方形の背を持つ椅子


長方形の背にクッションがついた椅子
足元は2階ダイニングチェアとデザインが似ています。

関連記事

  1. ニトリとビームスによる「新しい暮らし方のためのツール」 コンソールデスク

  2. 1万円でお釣りが来る ニトリのパーソナルチェア LVL4

  3. 厳選 絵描きのための椅子

  4. 飛騨産業 baguette lbシリーズのダイニング 五十嵐久枝デザイン

  5. ニトリのロングセラー ダイニングセット ロレイン3

  6. 在宅ワーク向け ニトリの充実した機能が揃ったワークチェア エルゴクエスト

  7. 3歳までのお食事をサポートするオールインワンチェア STOKKE® Clikk™

  8. 旭川生産品 匠工芸 yamanamiシリーズ ロープチェア

最近の記事

PAGE TOP