フランク・ロイド・ライト デザイン 帝国ホテルの椅子

フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル

げんざい、帝国ホテルの玄関と1〜2階ラウンジ部分は、明治村5丁目に移築されて保存されています。
明治〜昭和の名建築を保存している建築村「明治村」の入村には料金がかかります。(2021年1月現在大人2000円)

2代目帝国ホテル

フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル正面(明治村に筆者が撮影)


▶明治村ウェブサイト

帝国ホテルの椅子

帝国ホテル内には、フランク・ロイド・ライトがデザインした椅子が展示されています。
ここでは、その椅子を紹介していきます。

六角形の背をもった椅子


フロント横に展示されている椅子

222階のダイニングチェア
デザインは1階の椅子と同じですが、背がメッシュ貼りになっています。

アームチェア


中二階のラウンジチェア
背板とスポークを組みあせたアームチェア。ウィンザーチェアの亜生デザインにも見えます。

長方形の背を持つ椅子


長方形の背にクッションがついた椅子
足元は2階ダイニングチェアとデザインが似ています。

関連記事

  1. 大人も使えるおしゃれなデスクチェア フィオーレ

  2. 世界で一番有名な日本製スツール 天童木工 柳宗理のバタフライスツール

  3. 無垢材の知識④ ビーチ【BEECH】

  4. 賢いソファの選び方② ファブリック(布)張りソファの特性を知る

  5. 漫画が描いた椅子③  『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)

  6. 【Weil am Rhein】椅子の街 ヴァイル・アム・ラインとヴィトラ・デザイン・ミュージアム

  7. いい椅子に出会いたい

  8. ホワイトオークとホワイトアッシュの違い

最近の記事

PAGE TOP