家具業界で働く人々

PR)ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

家具業界で働くとは、どんな職業をイメージするでしょうか?
家具職人や家具デザイナーもしくは販売員をイメージする人が多いと思います。
実際には、家具業界には数多くの職業の人が関わっています。
今回は、家具業界で働く、実際に木製家具と接する人を中心に紹介します。

家具を作る上流から、商品が家にとどく下流へ向かって紹介していきますね。

1)森林作業員と製材工場職員

森林作業員

木製家具の材料となる、木材を森林から切り出して来る職業です。
実際には林業に含まれる職業です。

製材工場職員

森林から切り出してきた丸太を製材として加工します。
丸太から切り出す家具工場もありますが、多くの家具工場は製材工場で加工された製材を購入して家具を作ります。

2)家具工場で働く人

家具職人

機械を使用して、木材を加工して家具をつくる作業をする人です。
大きな工場になると、作業工程上職種が別れます。
大きく分けて、
切削加工の職人:木材を切り出して家具として加工する職人
塗装の職人:加工された家具を研磨して塗装仕上げする職人
その他にも縫製を行う工場もあります。
梱包などの単純作業は、職人ではなくて作業員が行います。

工場管理者

工程管理者:工程内の改善や5Sなど、生産性工場を主に行う管理者。工場長など
品質管理者:製品の品質維持・向上を行う管理者。QCともいう

設計者

家具のデザインや設計を行う職業。

購買と積算

家具になる材料の購入とコストを計算する職業。

設計事務所・デザイン事務所など

工業デザイナー

家具メーカー・小売店などから依頼を受けて家具をデザインする専門家です。
デザイナーによって、得手不得手があります。
主に小売店向けの工業製品のデザインを得意とします。

インテリアデザイナー

ホテルや住宅などの建て付け家具を設計デザインします。
建築士が行う場合もあります。

アートディレクター

ロゴのデザインやCI、ブランディングを担当する職業です。

コンサルタント

家具店や家具メーカーのコンテンツや戦略をコンサルするマーケター。

家具店で働く人々

バイヤー

家具を買い付けてくる職業。
家具メーカーのショールームを回ったり、時には海外の工場まで買い付けにいくこともあります。

MD(マーチャンダイジング)

売り場の商品構成を決める人。
バイヤーと兼業することも。

店長

店舗の管理者。

販売員

顧客と接して家具を売る人。
昔ながらの家具小売店は、販売員の営業力が売上につながっている。
ニトリやイケアなどでは、販売員に営業力はない。
インテリアコーディネーターの資格を持っている人もいる。

土日に、家具メーカーが販売応援することをマネキンといいます。

インテリアコーディネーター

婚礼家具や新築での家具まとめ買いのために、部屋にあった家具を提案する職業。

品質管理

従来は、問屋が品質管理と在庫管理の昨日を果たしていましたが、最近は工場仕入れする家具店が増えました。
そのため、工場から直仕入れを行う家具店は、品質管理部門を持っています。
クレーム対応なども品質管理の仕事に含まれます。

在庫管理

海外工場などからコンテナ仕入れしている小売店は、DC(デリバリーセンター)を持っています。
在庫過多・在庫不足は売上とコストに大きな影響をあたえるため、在庫管理は重要な役割です。
倉庫内で働く人とシステムで在庫を管理している人がいます。

ネットショップで働く人々

ページ作成者

商品情報を正確にページに反映し、さらに売れるような文面や画像を作成する仕事です。
WEBデザイナーも兼任することがあります。

コールセンター

商品問い合わせやクレーム対応の仕事です。
口コミの評価につながるので意外と重要な役割です。

運送会社

倉庫作業員

家具店や問屋が、商品在庫を運送会社へ一括管理委託する場合があります。

配送員

家具工場から家具店までの配送や、家具工場から直接顧客への配送を行います。
また、家具の組み立て設置まで行う配送員もいます。

まとめ

家具業界はインテリア業界という華形の世界に見えますが、結構地味な仕事をしている人が多いです。
家具は大型故に物流費がかかります。
大型のソファやワードローブなどは一人では運べない重さです。
人手不足で配送費が上がっていく昨今、どう物流費を削減するかが、家具業界の大きな課題となっています。
ネットショップは人件費が少なく実店舗より安く販売できていましたが、宅配便の運賃が上がったため、価格的なメリットが少なくなってきました。
家具業界で生き残るためには、どの職業に就くかも非常に重要です。

家具職人とデザイナーは家具業界では花形です。
肉体労働を敬遠する人が増えているので、家具職人は貴重な存在です。
一方で、デザイナーは人気職業なので、デザイナーとして食っていける人は僅かです。
デザイナーとしての能力だけでなく、マーケティングやエンジニアリングの経験値を上乗せすることで、自分の価値を上げてゆくことができるでしょう。PR)ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

関連記事

  1. マーケティング検定3級に3ヶ月で合格した方法

  2. TOC(制約理論)は生産を上げるのだけの理論ではない

  3. 上海家具展示会にみる 海外と日本の家具の違い

  4. 「令和」の家具業界で重要な3つのキーワード

  5. 「空気」になったニトリのビジネスモデルを分析 ニトリが家具業界で1強になった理由

  6. リビダイ

    最近流行りのリビダイって何?

  7. 【レビュー】人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ

  8. クリエーター向けピンタレストの使い方

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
  2. ホワイトオーク
PAGE TOP