ゴッホの椅子とは


アルルの寝室

1888年、ゴッホは若い画家たちが共同で生活・創作する場をつくろうと南フランスのアルルに家を借り、呼びかけに応じたゴーギャンと2ヶ月間生活をともにしました。
その家の一室を描いたのが上の「アルルの寝室」です。
この室内にも椅子が描かれていますが、ゴッホが椅子だけを描いた「ゴッホの椅子」があります。


ゴッホの椅子

ゴッホの椅子と対となすのが「ゴーギャンの椅子」です。


ゴーギャンの椅子

質素なゴッホの椅子と装飾的なゴーギャンの椅子は対照的で、二人の画家の共同生活が2ヶ月間しか続かなかった理由が現れているとも言われています。

実在するゴッホの椅子

かつて、この「ゴッホの椅子」はスペインで製造されていました。
日本に最初に「ゴッホの椅子」を紹介したのは陶芸家の濱田庄司でした。
当時のスペイン民芸館などに展示されていました。

「ゴッホの椅子」に意匠権はありませんので、技術のある方なら再現可能で、日本では今でも実際に作られている方がいます。


▶檜といぐさを使用したゴッホの椅子

人間国宝の工芸家 黒田辰秋の記録

「ゴッホの椅子」に魅せられた工芸家黒田辰秋は、1967年ヨーロッパへ旅たち「ゴッホの椅子」づくりを各地で見学記録しました。
帰国後、飛騨高山の家具メーカー飛騨産業とともに新宮殿の椅子を試作します。
その当時の記録が本としてまとめられました。
ゴッホの椅子の謎に迫る一冊はいかがでしょうか。

関連記事

  1. 旭川生産品 匠工芸 yamanamiシリーズ ロープチェア

  2. 在宅ワーク向け ニトリのワークチェア デュオレハイ2

  3. ドクターエア 3Dマッサージシートに合わせられるパーソナルチェア

  4. 【Weil am Rhein】椅子の街 ヴァイル・アム・ラインとヴィトラ・デザイン・ミュージアム

  5. どんなテーブルにも合わせやすいチェア ニトリ ヘンリー

  6. 椅子の擬人化

  7. ホワイトオーク材をふんだんに使った ニトリのダイニングセット オークランド2

  8. 国産・飛騨産業 「CRESCENT(クレセント)」板座/張座 アームチェア

最近の記事

PAGE TOP