賢いソファの選び方③ 本革ソファの知識  

【本革ソファ】とひとことで言っても、5万円で買えるソファから200万円するソファまであり、まさに「ピンキリ」です。
本革ソファの場合、価格を大きく左右するのが、この2点

・総革張りかハーフか
・革の質がよいか

「ハーフ」と聞いて、どんな構造かすぐイメージできますでしょうか?
まずは、ハーフについて解説しますが、本記事を読みながら本革ソファの仕様について理解を深めて下さい。

本革ハーフソファ


これは、ニトリの本革ハーフソファです。
左上に「本革」と大きく書いてあり、「一部合成皮革」とあります。
一部と書いていますが、実際には約半分が本革、残り半分が合成皮革です。
それが、「本革ハーフソファ」と言われる所以です。

合成皮革について、詳しく知りたい方はこちらもチェックして下さい。

本革が使用されるのは、人が座ったり、触れたりする、背・座・肘などの部分です。
その他、あまり人が触らない肘横・背裏などは合成皮革を使用しています。
本革は非常に高い素材ですから、本革の使用量を少なくすることで、安いソファを作ることができます。
最近の合成皮革は開発がすすんでいるので、革との見分けがつかないようなものもあります。
店員さんからの説明がなければ、本革ハーフソファとは気づかない物も多くなってきました。

本革ハーフソファのデメリット

本革を使用しているのに、安く買える本革ハーフソファのデメリットはなんでしょう?
このブログの読者の方なら、すぐに気づいたかもしれませんね。

そうです。経年変化による色の違いが出てくることです。
本革は天然素材のため、長期間使用していると経年変化により色が変わってきます。
しかし、合成皮革は人工素材のため、素材が劣化することはありますが、色自体の変化はありません。
そのため、購入して5年位したら、本革と合成皮革の違いが目立ってくることがあります。

総革張りでも安いソファ

総革張りと言っても、安くなるように工夫して作られたソファもあります。
こちらもニトリの商品で、イタリアのメーカーナッツジ社のソファです。
このソファも安くなる工夫がしてあるのがわかります。

スプリット革の使用

牛革は加工するときに、スライスされて、何層か別れて切り取られます。
革の表面の「トップ」と言われる革が柔らかくノビが良いので、価値があり価格も高いです。
逆に革の底面「スプリット」と言われる革は、硬くて伸びがありません。そのかわり価格が安いです。
で、【総革張リソファ】の場合、上で紹介した【本革ハーフソファ】と同様に、人が普段触らない背の裏や肘の外側については「スプリット革」を使用しています。

「スプリット革」は「トップ革」の約半分のコストで手に入るのと、本革を作る際に「トップ革」と同量の「スプリット革」がとれますので、トップとスプリットを使い分けることで、無駄に高価ならないソファを作っています。
また、「スプリット革」といえども天然素材ですから、上で紹介したような「経年変化の違い」はありません。

ただし、気をつけて欲しいのは、たまに本革とうたって「スプリット革」を表面に使用したソファがあります。
座ったら硬いので違いがわかるので、他の総革張ソファと比べてあまりに安い場合、「スプリット革」を表面に張っていないかチェックしてみて下さい。

革のはぎ合わせ


話は反れますが、牛さんはお肉は食べられて、乳は飲まれて、革はソファや靴やバックへと使用されて、本当に人間の生活に欠かせない動物ですね。牛さんにお会いしたら日頃の感謝を伝えましょう(笑)

本革は人工素材ではありません。
こういった牛さんの革を剥がして、鞣して、ソファの張り地として加工しています。
ファブリックやPVCなどのように、幅が決まっていて、いくらでも長さのある材料ではありません。
そのため、ソファの張地を切り取ると、端材がたくさん出ます。
その端材を無駄にしないために、端材を繋いではぎ合わせて張り地とします。
この画像をもう一度見て下さい。

肘の外側は、うまくデザインして繋いでいますが、座面の下前側の縫い目は4枚接ぎになっていて、言われてみると少し不自然ですよね。
しかし、この端材をうまく使用しないと、コスト高になりソファの売価が高くなってしまいます。
あまり目立たないところは、端材をうまく使うことで、メーカーは端材を使え、消費者には安い価格でソファを提供できるようになります。

高価な本革ソファとは?

ここまで読めばお分かりかとおもいますが、高価なソファは高い材料で作られたソファです。
また、有名デザイナーなどの付加価値がつくとさらに価格が高くなります。
ただし、ブランドメーカーだからといって、総革ソファとは限りません。
高い買い物だからこそ、店員さんに詳しく聞いてみましょう。

高価な本革ソファ

  • 高級革を使用したソファ
  • デザイナーズブランドソファ
  • ブランドメーカーのソファ
  • 新素材など特別なクッション材を使用したソファ

TABROOMで本革のソファを探す

関連記事

  1. 日本の建築家が作る椅子の特徴と海外建築家の奇抜な椅子

  2. 賢いソファの選び方① 合成皮革の知識 PUとPVCの違いを知る

  3. 家具を買う前に検討するべき【TPO】

  4. 賢いソファの選び方④ クッション材の基礎知識

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
PAGE TOP