どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

以前の記事で4人の北欧デザイナーを紹介しました。

良い椅子に出会うには美しい椅子を知ろう

この中のひとりアルネ・ヤコブセンは建築家でもあります。

ヤコブセンだけでなく、コルビュジェやミース、ライトなどのモダニズムの巨匠はみな美しい椅子をデザインしています。

以下の椅子は、どこかで見たことがあるはずです。

どうして建築家が椅子をデザインするのでしょうか。

ル・コルビュジエのLC4シェーズロング

ミースのバルセロナチェア

 

椅子の特徴

椅子には、大きくわけて2つの特徴があります。

  1. デザイン性
  2. 快適性(機能性も含む)

 

このどちらかが欠けているといい椅子とはいえません。

しかし、デザイン性も快適性も良い椅子というのにはなかなか出会えません。

 

1.椅子のデザイン性について

 

椅子はデザインをしすぎてると、自己主張が強くなり、置く場所を選ぶ椅子になってしまいます。

逆にシンプルすぎても、他の椅子と同じようになってしまい、デザイン性というものを感じられません。

建築家が椅子をデザインする場合は、すでに置く場所が決まっており、その空間に合わせたデザインをします。

たとえば、フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルにあった椅子、これはすごく特徴的な椅子ですが、この場所にはすごくマッチしています。

帝国ホテルの椅子

帝国ホテルロビーにある椅子(筆者が明治村で撮影)

しかし、この椅子を現代の住宅に持ってきても、浮いてしまうでしょう。

この椅子を住宅に置くなら、それに合わせてインテリアコーディネートが必要になります。

現代の住宅設計では、建築士が設計しますが、家具を顧客が選ぶ場合も多いです。

あまり家具を知らない顧客が、趣味だけで家具を選んでくると、住宅と家具がミスマッチになる場合もあります。

特に椅子やソファは趣味だけで選ばずに、室内のデザインとマッチしているかを慎重に検討する必要があります。

 

ですので、素晴らしいデザインの椅子でも、インテリアとマッチしなければ、空間を台無しにすることになります。

だから意外と、場所を選ばないシンプルなデザインの椅子が売れたりもします。

 

また、椅子をデザインしすぎると、もう一つの特徴である快適性を失われることもあります。

上のライトの椅子は、決して座り心地が良いとはいえません。

 

2.椅子の快適性について

 

椅子の快適性を構成する要素は以下になります。

  • 座り心地
  • 機能性(回転、キャスター、収納、昇降、肘付きなどの機能)
  • 重量
  • 強度とメンテナンス性

「座り心地・機能」と「デザイン」は密接な関係があります。

座り心地がデザインに与える影響はもちろんありますが、機能が付くことによってある程度デザインが決まってしまいます。

座り心地と機能を活かして、デザインをまとめるのが、椅子のデザイナーの仕事になります。

 

重量やメンテナンス性は、デザインには影響しませんが、近年では主婦が椅子を購入するので、軽い椅子が選ばれる傾向があります。

また、座面がカバーリングで選択できるメンテナンス性があるものも需要が高いです。

 

椅子ひとつで場所が発生する。椅子は小さな建築

 

上記にみたように、椅子は単純にデザインが良ければよいのではなくて、快適性を取り込みつつ、使われる場所を想定してデザインを起こさなければなりません。

建築家は、彼らのイメージする空間に一番合う椅子をデザインしました。

 

また、建築家の伊東豊雄が「椅子ひとつで場所が発生する」といっています。

伊東 豊雄 – 建築の仮設性

 

椅子が空間を作ってしまうのです。

それだけ、椅子には存在感があります。

 

そして、椅子をデザインすること自体が、建築を設計するのと同じ手順を踏みます。

椅子は「ちいさな建築」とも呼ばれています。

 

椅子は、人が座るので強度も必要です。

強度を強くするには、材料を太くすれば良いのですが、それだと野暮ったいデザインにしかなりません。

いかに強度を保って、理想のデザインに仕上げるか。

椅子の強度を意識するのは、構造的な思考を必要とする建築家にとっては当たり前の課題です。

建築家が椅子をデザインするのは、いたって自然な行為なわけです。

国内最大級の家具・インテリア情報サイト TABROOM(タブルーム)の公式オンラインストア

関連記事

  1. 賢いソファの選び方① 合成皮革の知識 PUとPVCの違いを知る

  2. 無垢テーブルの天板が突然音をたてて割れる理由

  3. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  4. イギリスの農村で生まれたウィンザーチェア

  5. アルネ・ヤコブセンの生涯と椅子

  6. 家具を買う前に検討するべき【TPP】

  7. お酒を飲みながら名作椅子を堪能できる gaga ISU BAR

  8. 良い椅子に出会うには美しい椅子を知ろう

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

  1. ホワイトオーク
  2. リビダイ

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて


PAGE TOP