イギリスの農村で生まれたウィンザーチェア

椅子はもともとは権威の象徴して、権力者の椅子として発展してきました。

中国の椅子もヨーロッパの椅子も、権力者が座っていたのは装飾がコテコテとしていて、どっしりした椅子です。

 

ウィンザーチェア

しかし、別の父系として、イギリスの農民の生活から生まれた椅子があります。

それが、ウィンザーチェアとよばれる椅子です。

ウィンザーチェアの特徴は、無垢材のみを使用して作られていること。

椅子を分解すると、丸棒と板座と背もたれの曲げ木部分だけになるという、とてもシンプルな作りです。

レストランやカフェ見かけたことがあると思います。

ウィンザーチェア型ロッキングチェア

 

ピーコックチェア

※リプロダクト品です。

ウィンザーチェアを元にして、モダンにアレンジしてデザインされた椅子もたくさんあります。

ウェグナーがウィンザーチェアをリデザインして作ったのがピーコックチェアです。

孔雀が尾を広げた時のイメージです。美しいですね。

 

モダンなウィンザーチェア

日本のメーカー「飛騨産業」作っているシンプルでモダンなウィンザーチェアがこちらです。

材料も少なくとてもシンプルな作りですが、座面と脚はボリューム感がありしっかりした感じがあります。

「宮崎椅子」が作っている小泉誠デザインのウィンザーチェア

こちらもシンプルでカッコイイ!!

 

ちなみに、僕はウィンザーチェアの大ファンで、アンティークのウィンザーチェアを1脚持っています。

アンティークショップで1脚2万8千円で買いました。

ウィンザーチェア大全

ウィンザーチェアについて詳しく知りたい方には、こんな本もあります。

ただし、1冊で5000円くらいするので、よほどのウィンザーチェア好きしか買う人はいないと思います。(もちろん、僕は持っています。)

関連記事

  1. 動画で解説 ハンス・ウェグナーの『ザ・チェア』ができるまで 

  2. 無垢材の知識② オーク【OAK】

  3. 無垢材の知識③ アッシュ【ASH】

  4. 無垢材の知識④ ビーチ【BEECH】

  5. 賢いソファの選び方① 合成皮革の知識 PUとPVCの違いを知る

  6. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  7. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

  8. ジョージナカシマ記念館

サイト運営者の情報

最近の記事

PAGE TOP