日本一販売量が多い木製椅子の材料

今現在、日本に販売されている木製イス、これの主材として使われている木材をご存知ですか?

最近のネット販売では材料が記載されているので、気づいている方も多いかと思います。

気づいていない方も結構いますかね。

あなたが家具小売店へ出かけていったとき、食卓セットの販売コーナーを見渡してみて下さい。

10万円以下の食卓セットの木材は、ほぼラバー材(ゴム材)が使用されています。

そうです。ラバー材です。ゴム材です。

ラバー材とは、あのゴムの樹脂がとれる「ゴムの木」です。

ラバー材の場合は、杢目がそれほど美しくないので、概してライトブラウンやダークブラウンに塗装されています。

だから、杢目がわかりづらく、「無垢の木材」というのはわかりますが、「一体何の木なんだ?」と思う方も多いでしょう。

これがラバー材そのままの杢目です。

ラバー材が木製イスに使用される理由

ラバー材が木製イスに使用されるにはいくつか理由があります。

  1. 低コストの上一定量の材料供給されている。
  2. 強度と弾力性があり、その上材が硬すぎず切削加工がし易い。
  3. 木製イス工場が多い地域で材料が手に入る。

1.低コストの上一定量の材料供給されている。

ラバー材は、比較的安い材料です。

材料が安い理由は、ラバーの樹液を取るために、東南アジア一体にゴムの木が植林されているからです。

ベトナム・カンボジア・ラオス(フランス領インドシナ)、かつてフランスが植民地にした時代に、ゴムの木を大量に植林しました。目的は、ゴムの樹脂の入手です。

フランスは、このインドシナで大量のゴムの樹脂を入手して稼いだんです。

しかも、ゴムの木は樹脂を取り尽くしたあとは、木材としても利用できます。

垂直にまっすぐ伸びるゴムの木は、木製家具の材料として最適でした。

また、ゴムの木の特徴として、成長が早いことが上げられます。竹ほどではないですが、草のような速さで成長するので、伐採した後植林を繰り返せば、半永久的に木材の入手が可能となります。

ゴムの木は、ゴムの樹脂が取れて、木製家具の材料としても使える、2つの用途を果たすゴムの木はとても生産的な木なのでした。

しかし、近年では中国などの後進国が先進国の仲間入りをはじめたため、家具の需要も以前にも増しており、ラバー材の材料代は年々高騰の一途を辿っています。(日本では家具の需要が減っています)

2.強度と弾力性があり、その上材が硬すぎず切削加工がし易い。

ラバー材は、木製イスを作る上での最低限の強度と弾力性を持っています。

国産の杉や松、海外のパインなどは、木が垂直に伸び、材料を取りやすいですが、節が多く比重も軽いため、強度と粘りがありません。椅子に使われることもありますが、主要な材とはいい難いです。

ラバー材は、木がまっすぐなため材料が取りやすく、大きな節もそれほど見られず、またある程度の強度と弾力性があるため、木製イスの材料として最適です。

残念なのは、

「杢目が美しくない」

ことですが、最近では塗装や加工の技術を駆使して、ラバー材でも高級に見える家具が作られています。

3.木製イス工場が多い地域で材料が手に入る。

日本でもそうですが、木材の産地の近くには、木製家具を作る工場があります。

ゴムの木が植林されている東南アジアの地域にも、木製家具の工場がたくさんあります。

特に多いのがタイとベトナムです。

最近では、

「ホームファッションの大手小売店ニトリが、ベトナム南部に新しい家具工場を建設中」

ということで家具業界では話題になっています。

タイやベトナムで生産された木製家具が日本へ出荷されて、日本の小売店に並んでいるのです。

10万円以下の食卓セットは、タイ、ベトナム、マレーシア、中国あたりで生産されたものばかりです。

海外で生産されたと言っても、日本の技術で生産し、日本品質に近い製品もたくさんあります。

低価格で、そこそこの品質とデザインの家具が手に入る。ニトリやイケアが伸びてきた理由ですね。

ニトリのネットショップ

関連記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて

    日本の五大家具産地

  2. ジョージナカシマ記念館

  3. 材料の知識① 無垢材について

  4. イギリスの農村で生まれたウィンザーチェア

  5. 良い椅子に出会うには美しい椅子を知ろう

  6. 井上昇氏の「椅子塾」について

  7. 姿勢の悪い方必見!!座るだけで背筋が伸びる座椅子P!NTO

  8. いい椅子に出会いたい

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

  1. リビダイ

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて


PAGE TOP