ジョージナカシマ記念館

2013年夏

日本帰国に伴い、香川県にある二つの記念館を訪れました。
どちらの記念館も内部での写真撮影はNGでした。

ジョージナカシマ記念館

まず訪れたのは、ジョージナカシマ記念館でした。

ジョージナカシマ記念館ウェブサイト

琴電(コトデン)志度線塩屋駅より徒歩5分のところにあります。

中に入るとジョージナカシマ記念館の館長が声をかけてくれて、いろいろと教えてくれました。

ジョージナカシマは、アメリカうまれの日系2世です。
両親は日本人ですが、アメリカ国籍です。

ボーイスカウトを通して、幼少の頃より、森林と親しくして育ちました。

これが、ジョージナカシマが、将来を通して、
気を愛して、木を活かす家具を作るのに通じてきます。

ジョージナカシマは多くのウィンザーチェアを作りましたが、
どれも日本家屋に溶け込みつつ、強烈な存在感を放っています。

座り心地、造形、そして木の杢目を活かした仕上がり、
どれをとっても申し分がないです。

今のデザイナーはパソコンをいじって3Dでデザインします。

しかし、そんなことをしていても、
一生ジョージナカシマの境地に達することはできないでしょう。

あくまでも、木と親しみ、木のことをよく知って、初めていい家具を作れるようになります。

ジョージナカシマをデザイナーと呼んでしまうと、
現代のチープなデザイナーと同じくくりにいれられてしまいなんだか違う気がします。

ジョージ・ナカシマの著書

【ポイント2倍!】Knoll ( ノル )「 Straight Chair ( ストレートチェア )1946年」【取寄品】

関連記事

  1. 材料の知識① 無垢材について

  2. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  3. 無垢材の知識⑤ アルダー【Alder】

  4. いい椅子に出会いたい

  5. 賢いソファの選び方① 合成皮革の知識 PUとPVCの違いを知る

  6. 材料の知識③ 家具の仕上材について

  7. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

  8. 動画で解説 ハンス・ウェグナーの『ザ・チェア』ができるまで 

サイト運営者の情報

最近の記事

PAGE TOP