日本人を癒やす木の色

日本で木造住宅が普及した理由

日本の戸建て住宅は、木造が圧倒的に多く、日本人は当たり前のように木造住宅に住んでいます。
世界的に見ると木造住宅は、気密性が低く、構造体としても弱いため、海外では木造の住宅は一般的ではなく、組積造の住宅の方が普及しています。
木が使われているように見えても、構造体としてではなくて、意匠・装飾として使われています。
それは、木造住宅を作るには、まっすぐと立った杉やヒノキのような針葉樹が必要なためです。
日本は針葉樹が豊富で安価、しかも廃棄にもローコストのため、鉄筋コンクリート造で住宅を作るよりも安く住宅が建てられます。

針葉樹林

針葉樹林

日本以外でもヨーロッパや北米のように針葉樹の産地では、ツーバイフォーといわれる木造住宅が発展してきました。

一方で家具に使われる木材は、広葉樹が多いです。
家具では一般的なビーチやオークは広葉樹ですね。

広葉樹林(ブナの木)

広葉樹林(ブナの木)

広葉樹はこのように、曲がりながら伸びているので、真っ直ぐな材が取りづらく木造住宅のに適しておりません。
しかし、比重が高く木目がキレイなため、ブナ(ビーチ)やナラ(オーク)などの広葉樹は、家具にはふさわしい木材です。

日本人のを癒やす純和室の色構成

最近では和室のある住宅が減りつつありますが、和室には心を癒やす効果があります。
和室に入って、「ホッとする」って感じたことありませんか?

天然素材の色、いわゆるアースカラーやナチュラルカラーでまとまった空間構成になっているからです。
生成り(ベージュ)・茶色(ブラウン)・緑(グリーン)はこころを癒やす色です。

住まいの壁面は床面のほぼ3倍の面積ですが、
「大きい面積にはもっとも弱い色を使うこと!」
という原則があります。

つまり、ベージュ・ブラウン・グリーンの中で一番重い色であるブラウンを壁面に使ってしまうと、圧迫感のある空間になってしまいます。
ですので、ベージュの割合が多くなるような配色で空間を構成します。
和室の視空間を70%を占める面積は、壁面・障子・襖・畳そして日本人の肌の色も含めて白~生成りがベーシックカラー。
サブカラーとして、柱・梁・鴨居など杉や檜を使った茶色、アクセントカラーとしては、庭や生花が緑となります。

木が室内に与える効果

檜や杉といった木材は、細胞で出来ている生物質です。
水との親和性が大きく、外気の温湿度によって、細胞膜はある一定の水分を保ちます。(平衡含水率)
いわゆる、木が室内の湿度を調整する調湿効果があるため、快適な空間にしてくれます。
しかし、細胞膜の吸湿力にも限度があって、木材の繊維飽和点は約28%くらいで、梅雨時のじめじめはこの数値に近くなります。この時期だけは、除湿・換気が必要になります。

鉄筋コンクリートの集合住宅に住んでも木が必要な日本人

海外で暮らしてみるとわかりますが、鉄筋コンクリート造の家の床に木製フローリングで仕上げる国は少ないです。
鉄筋コンクリート造であれば、タイルや石で仕上げて、カーペットを引きます。
地域によっては、床材に使うほどフローリングが手に入らない国もありますので、流通が確立されていない国ほど、地産地消でその土地にある素材で仕上げます。

日本は、国土の70%が森林という、木に恵まれた国です。
しかし、残念ながら、針葉樹は比重が低く、表面が柔らかいため、床材には適しません。
床材には表面が硬い広葉樹が使われるのですが、日本での広葉樹の自給率は低く、ほとんど海外から輸入されます。
また、針葉樹についても、海外の材料が安いため、最近では日本の針葉樹林が放置され、荒れた里山も増えているそうです。

杉

管理された杉と荒れた里山の杉では、こんなにも木目が違ってきます。

最近では、戸建て住宅の需要の低下、植林した杉や檜の使いみちが減り、いままで針葉樹はを使用しなかった家具への利用もはじまっています。
そのままでは使用できないため、圧密することによって、杉を固くしてフローリングや家具などに使用する技術も生まれました。

西川杉

全て西川杉で作った家具

都会に住む人々にとっては、コンクリートの中に住むからこそ、日本人には木のぬくもりが必要になります。
日本のマンションの場合、壁と天井は壁紙、床は木製フローリング、建具も木製。そして家具も木製。
日本ではモダンの生活の中にも、木を多用した日本独自の住空間になっています。

それだけ、日本人にとって木は親和性が高く、生成り~褐色・茶色といった木材の色が好まれているのです。

関連記事

  1. 無垢材の知識④ ビーチ【BEECH】

  2. 賢いソファの選び方② ファブリック(布)張りソファの特性を知る

  3. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  4. 無垢材の知識① ウォルナット【Walnut】

  5. 材料の知識③ 家具の仕上材について

  6. 家具を買う前に検討するべき【TPO】

  7. 天童木工の針葉樹を使った椅子の技術とは

  8. 無垢材の知識② オーク【OAK】

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
PAGE TOP