カラーコーディネーターと色彩検定どちらを受けるべきか迷っているあなたへ

僕は、2016年にカラーコーディネーターの1級と2級を同時取得しました。chairlabo.com

さて、「カラーコーディネーター取得して人生変わったか」というと何も変わっていません。

しいて言うのであれば、

登録している就活サイトの履歴書にカラーコーディネーター1級と付け加えたところ、とある外資系メーカーからのオファーがありました。

しかし、僕は日本で働くつもりはないのでスルーしてしまいました。しかもいまの僕にとっては、500~600万円のオファーに魅力を感じません。せいぜい1千万円以上のオファーでないと心が動かないですね。

話が逸れてしまいました。

ところで、このカラーコーディネーターの資格とは別に、色彩検定という試験もあります。

「色の勉強をするにあたって、どちらの資格を取得するべきか」と悩まれる方が多いと思います。

このサイトで具体的に検証されているのですが、これだけ見ても決断は出来ないでしょう。

徹底比較!とるなら、どっち? カラーコーディネーターVS色彩能力検定試験

ちなみに、僕がカラーコーディネーターの試験を受けた理由は、

カラーコーディネーターの方が響きがよくてカッコ良かったからです。

ホント、それだけです。(笑)

さて、あなたはどちらの資格を取るべきでしょうか。

僕の結論を先に言ってしまうと、両方取得するべきです。

なぜなら、カラーコーディネーターの勉強を半年して試験に合格したところで、定着した知識にはならないからです。

しっかりと自分の知識として蓄えたければ、その分野に対して1年以上勉強を継続する必要があります。

半年程度の勉強なんて、1年も経てば覚えた内容の半分以上忘れてしまいます。

知識を活かして仕事をする人は、常にその知識の向上を目指すべきであり、カラーコーディネーターの1級をとったくらいで満足している場合ではないです。

僕の場合は、次回色彩検定を受けるか、それともカラーコーディネーター1級の環境色彩を受けるか、考え中ですが、最終的には全て取得するつもりです。

ちなみに、カラーコーディネーターという専門職は、この世にほとんど存在しない希少職です。

デザイナーやインテリアコーディネーター、建築士などが補助的な知識として、カラーコーディネーターの勉強して活用しています。

もし、色彩の知識を本当に身につけたいのであれば、色彩検定に合格したらカラーコーディネーターを、カラーコーディネーターを先に取得していたら色彩検定、と勉強を継続することが大事です。

インプットをしないことは、停滞ではなくて後退です。自分が変化しなくても、環境は常に変化しています。

カラーコーディネーターをこれから受ける方はこちらの記事もご覧ください。

chairlabo.com

関連記事

  1. 事故りやすい車の色

  2. 独学で木造建築士に合格する方法②  木造建築士の受験申込み

  3. カラーコーディネーター2級と1級(第二分野 商品色彩) 独学で同時合格した勉強方法

  4. 独学で木造建築士に合格する方法①  木造建築士の受験資格を確認

  5. あなたは知ってる? アーティストとデザイナーの違い

  6. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

  7. 独学で木造建築士に合格する方法④ 学科試験にむけて自分の実力を確認する

  8. 独学で木造建築士に合格する方法⑤ 学科試験までのスケジュールを立て方 1日と週の時間配分編

サイト運営者の情報

最近の記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて

人気記事

PAGE TOP