カラーコーディネーター2級と1級(第二分野 商品色彩) 独学で同時合格した勉強方法

1級の勉強期間は約4ヶ月

11月のカラーコーディネーター1級の検定試験に対して、僕が本格的に1級の勉強を始めたのは、8月に入ってからです。

試験日は2015年11月29日だったので、約4ヶ月の勉強で1級の試験に合格できました。

1級第二分野「商品色彩」の合格証と成績です。

1級は4ヶ月の勉強で83点でした。
設問9は2級の範囲ですが、ここで10点取れたのは大きかったですね。

2級と3級の勉強期間は合わせて約8ヶ月

とりあえず2級が取れればいいやー、と思って4月から3級の勉強を始めたので、3級は1ヶ月、2級は約7ヶ月勉強しました。

8月からは、1級と2級を並行して勉強しました。

2級は84点でした。(3級は受験せず)

カラーコーディネーターの勉強は面白い

色彩の勉強は、正直面白いです。

色彩は心理学と物理学両方の要素があります。
僕は、心理学が好きなので、色彩が人の心理に及ぼす効果を勉強するのは楽しかったです。

3級までの範囲は、高校までに習ったような内容なので、一般常識に毛が生えたような感じでわかりやすいです。

でも、2級に入るといきなり難しくなります。
何回参考書を読んでも理解できない部分が出てきます。

それでも、3ヶ月間3級と2級を繰り返し勉強していたら、ある程度理解できるようになりました。

これなら、1級もイケるんじゃねーかなーと思い、1級のテキストを購入したのが7月です。

でも、テキストが手元に来たのは、8月に入ってからでした。
僕の夏休みの帰国に伴いテキストを受け取ったからです。

それから、2級と1級の勉強を同時に続けながら、11月29日に帰国して、2級と1級を同時に受験しました。

カラーコーディネーターの勉強を始める前の準備

まずは勉強計画を立てよう

ただ闇雲に勉強しても、勉強量が多ければ試験には受かると思います。
しかし、僕は社会人ですから昼間は仕事、
夜は接待や子供の相手をしたりして、あまり勉強をする時間がありません。
ですから、いかに限られた時間で効率的に勉強するかが大事でした。

一日に、勉強する時間をどうやって作り出すのか、
またどういった勉強方法が良いのか考えて、勉強計画を立てました。

その参考になったのがこの本です。

 

 

東大卒の著者が効率的な勉強方法を記してあります。

実際に僕が勉強に当てた時間は、一日30分~1時間でした。
朝5時に起きて、約30分勉強して、その後、通勤時間の30分をなるべく勉強に当てていました。
そして、日曜日は2時間くらい過去問題や模擬試験を解くようにしていました。

まずは、1日の中でどれくらいの時間を勉強に充てられるか見直しましょう。

2級と1級同時受験までに使用したテキスト及び問題集厳選5冊

テキストは、持ち歩いていたのでどれもボロボロです。
勉強していた感が出ていますね。

3級の参考書

3級の公式テキストは、購入しておりません。
どちらにしろ3級の試験を受ける気がなかったので、この参考書で十分でした。

2級の参考書と問題集

3級とは違う著者でした。
2級の内容が難しいせいもありますが、中々テキストの内容は頭に入ってきませんでした。あまり分かりやすい参考書ではないです。

3級の参考書の方がわかりやすい構成でしたので、もしからしたら3級と同じ著者の方がいいかもしれません。

でも、僕は使っていないので保証はできませんよ。

2級の公式テキストは購入せず、問題集のみ購入しました。

公式テキストの代わりに問題集をひたすら繰り返しました。

問題集は、公式テキストに沿っているらしく、この問題集の8割解けるようになれば、ほぼ合格すると思います。

ただし、最後に過去問があるんですが、実際の出題範囲と違うので、この過去問はやらない方がいいかもしれません。
全然知らないことばかりで、不安になってしまい、テキスト改訂前の内容、要は勉強しなくていいところまで押さえたくなります。

1級のテキストと問題集

結局どれくらい勉強したのか

平日は、1日約1時間の勉強。

休みの日は、約4時間ほど勉強して合格しました。

しかも、1日1時間というのは、ほぼ移動時間中の勉強です。

ですので、通勤に片道1時間くらいかけている方なら、往復で1時間程度の勉強時間は確保できるのではないでしょうか。

是非あなたも、この機会にカラーコーディネーターの試験にチャレンジしてみてくださいね。

http://www.kentei.org/color/

関連記事

  1. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

  2. 【ライフスタイル】の意味を多角的にとらえてよく理解しておきたい

サイト運営者の情報

最近の記事

人気記事

PAGE TOP