【色彩の秘密】茶色 Brown

加法混色

加法混色:茶色は、赤と黄色そして黒を混ぜると茶色になります。
赤と黄色はともに暖色ですので、茶色も暖色に含まれます。
そして、黒を含むことで赤の「熱い」というイメージがトーンダウンして、「温かみのある」「ぬくもりを感じる」というイメージになります。

自然界の茶色

  • 大地
  • 枯葉・枯草
  • 砂・土・泥
  • 動物(馬・牛・リス・鳥など)
  • 人間の肌・髪

茶色の素材

  • 木材
  • コルク
  • 馬毛
  • レンガ

茶色の飲食

  • コーヒー
  • ミルクティー
  • ナッツ(くるみ・ピーナッツ・クリなど
  • チョコレート
  • クッキー
  • パン
  • 焼肉・ステーキ
  • 味噌

茶色のポジティブイメージ

  • 温もり
  • 安らぎ
  • 安心感
  • 安定
  • 穏やか
  • 堅実
  • 自然
  • 渋い
  • 重厚
  • 生命
  • 素朴
  • 大地
  • 伝統
  • 保守
  • 力強さ

茶色のネガティブイメージ

  • 退屈
  • 陰気
  • 汚い
  • 臭い
  • 地味
  • 頑固
  • 荒廃

ブラウンマーケティング

茶色を好む人はすくない

「好きな色は?」と聞かれて、「茶色」と答える人は少ないです。
年代的には中高年の好まれる色です。

 

日本人のライフスタイルには欠かせない茶色

しかし、日本人のライフスタイルに茶色は常に存在します。
日本人は、木素材を使ったインテリアを好む傾向にあるからです。
また、カーテンやジュータンなどのインテリアファブリックにおいてブラウンのシェア率はベージュなどのニュートラル系に続いて常に2位です。

ブラウンは自然素材との結びつきが強く、家電や車など人工素材との相性は悪いです。
日本では、木製家具の需要が高く、イタリアのモダンデザインよりも北欧系の家具が好まれます。


それは、ヒノキや杉という針葉樹林に囲まれて生活してきた日本人は、木造住宅に暮らしてきて、木のぬくもりに馴染んできたためです。
コンクリートで作られたマンションに住んでも、ブラウンのフローリングと木製家具を好むのは日本人ならではの特徴です。

関連記事

  1. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

  2. 日本人を癒やす木の色

  3. 事故りやすい車の色

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて
PAGE TOP