無垢材の知識④ ビーチ【BEECH】

ビーチは、日本だとブナにあたります。欧州やヨーロッパでも入手でき、強度と粘りがあり加工性も良いので、昔から椅子の材料によく使われています。特に、粘り強いので曲げ木にするのに適した材料です。




木の色がピンクっぽいのですが、製品化して時間が経つと経年変化で黄色みを帯びてきます。地肌がピンクっぽいいろになるのは、原木の乾燥時にスチーム乾燥しているせいで、時間がかかりますが、ノンスチーム乾燥の材料であれば、白味がかった黄土色になります。

ビーチ材は材料も豊富に取れるため、比較的安価で木工家具の材料としてよく使用されます。しかし近年、小売の市場ではあまり人気がありません。表面がツルッとしているので、PU塗装で仕上げるとプラスチックのような肌触りになり、木材のぬくもりが感じられないからのようです。また、シート貼りの模様にもビーチがよく使われるので、安物のイメージがついているものと思われます。玄人好みの木材なのですが、最近のユーザーにはあまり好まれていないようです。

ところで、最初に紹介したようにビーチ材は、曲げ木に適しています。1859年トーネットがビーチを曲げて作り上げた椅子が「No.14」軽いけど強度があるので、カフェやレストランで昔から使用されている定番の椅子です。使用材料が少なく低コストなのも魅力でした。

関連記事

  1. いい椅子に出会いたい

  2. 材料の知識② 下地編 MDFと合板について

  3. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  4. ジョージナカシマ記念館

  5. 無垢材の知識② オーク【OAK】

  6. イサムノグチ庭園美術館

  7. 井上昇氏の「椅子塾」について

  8. 日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラー

サイト運営者の情報

最近の記事

PAGE TOP