日本の建築家が作る椅子の特徴と海外建築家の奇抜な椅子

以前の記事に書きましたが、椅子は小さな建築と言われており、家具デザイナーだけでなく、建築家も好んで椅子をデザインします。

かつての建築家のように、建築家が建物から小物を含むインテリアをデザインしていた時代と違います。
特に住宅においては、建築家が建物をデザインし、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターが内装をデザインするように分業化しています。
特に有名建築家は、デザインやプロポーション、話題性などを追求するため、使用する人のライフスタイルからかけ離れたデザイン提案をしているものが見受けられます。

デザインに特化しているため、椅子に必要な快適性や機能性を失っているものもあります。
モニュメントや彫刻を作るように椅子やソファをデザインしているため、「座ってみたい椅子」ではないのです。

むしろ、眺めるための椅子。
どうして彼らはこのような椅子をデザインするのでしょうか。

日本の建築家がデザインする椅子の特徴① 直線を多用する

日本の建築家もしくは、建築設計者によく見られる椅子が、直線だけで構成されている椅子です。
直線の多様は、モダニズムや日本の木造建築に由来しています。
また、日本の建築の場合、曲線を使うと建築コストが跳ね上がるため、よほどこだわった部分でないと曲線を使いません。
ですので、日本の建築家は曲線に慣れていません。

プロダクトに不慣れで縁のない、日本の建築家は直線的なデザインをします。
直線はリズムや黄金比を使うことで、美しくデザインできますが、曲線の場合はもともとのデザインセンスや経験を必要とします。

日本の建築家がデザインする椅子の特徴② 空間からアプローチする

「椅子は人が座るものなので、座ったときの快適性や機能性が大事」
プロダクトデザイナーはそう考えます。

しかし建築家は、
「椅子は空間を構成する要素の一部」
と考えます。

そもそも、出発点が違います。
前者は、住宅で人がくつろぐための椅子
後者は、建築空間を引き立てるための椅子

プロダクトデザイナーと建築家の圧倒的な違いがこれです。
なので、建築家がデザインするとこんなソファが出来てきます。

このソファは美しいですが、家に欲しいソファではないですよね。
座ってみたいとも思わない。

ユーザー目線で作られたものではないからです。
だけど、ホテルのラウンジなど話題性とデザイン性が欲しい空間には映えるソファだと思います。
そして、「いかに斬新なデザインをするか」というのも建築家やデザイナーに求められている仕事です。

ここまで読まれて否定的な記事に思われるかもしれませんが、空間の専門家である建築家が椅子にアプローチすることも必要です。
プロダクトデザイナーとは違う目線でデザインをするので、エポック的な椅子が生まれることもあります。
しかし、「有名な建築家やデザイナーが椅子をデザインしたから売れる」と勘違いしてはいけません。
有名建築家に頼むのは、ブランディングや話題性を生むためと理解しましょう。

下記に、海外建築家デザインのおもしろい椅子を紹介します。

海外建築家の奇抜な椅子

ザハ・ハディド

新国立競技場の設計で有名になったザハ・ハディドの椅子。
椅子というか、もうモニュメントです。
この方は、昔から流線型のデザインが得意ですね。
建築家ザハ・ハディドがデザインした スゴイ『椅子』

フランク・O・ゲーリー

グッゲンハイム美術館などで有名なゲーリーの椅子。
この椅子はダンボールで作られており、実用性はあるものの、ダンボール製で92,000円と高額な椅子です。
ゲーリー好きでなければ、コスパの悪い椅子だと思います。

段ボールを使ったユニークなフォルムが特徴的な「Wiggle Side Chair」

ダニエル・リベスキンド

ベルリンにあるユダヤ博物館で有名なダニエル・リベスキンドのアームチェア。
この椅子は、デザイン性のみでなく、座ってみたい衝動にかられますね。
曲線でなく、直線で立体性を表現したのは建築家らしいデザインです。

関連記事

  1. 賢いソファの選び方② ファブリック(布)張りソファの特性を知る

  2. あなたがネットで椅子を買ってはイケない理由

  3. どうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築

  4. 海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由

  5. 賢いソファの選び方④ クッション材の基礎知識

  6. 飛騨の家具フェスティバルにて

    日本の五大家具産地

  7. 家具を買う前に検討するべき【TPP】

  8. イギリスの農村で生まれたウィンザーチェア

サイト運営者の情報

Twitter

最近の記事

  1. リビダイ

人気記事

  1. 飛騨の家具フェスティバルにて


PAGE TOP